本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ

本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ » ココが知りたい、心理カウンセラーとは

ココが知りたい、心理カウンセラーとは

心理カウンセラーの実情とは?

資格取得を目指しているときにやはり気になるのが「この資格を取得したらどんな仕事ができるのか」ということ。

もちろん企業の専属カウンセラーになる方や、お悩み相談窓口に勤める方もいらっしゃいますし、キャリアカウンセラーや美容カウンセラーなど様々な分野に特化した悩みを解決する手助けをする方もいます。

○○カウンセラーという仕事ではなくとも、対人関係が重要となる人事や労務の仕事をする上で役に立ったり、はたまたお客様の心をつかむ営業ができるようになったという方もいます。

コミュニケーションが必要となる場面では、人の気持ちを紐解くカウンセリング能力が問われますから、どんな仕事にも活かせる万能な資格とも言うことができるでしょう。

そして気になる収入。実力をつけることが高収入への近道と呼ばれるほど、心理カウンセラーは自分の積み重ねてきたものが、そのまま収入につながってくる職業です。

最後に独立について。カウンセリングルームをいきなり開設するのは資金面でも客足でも厳しいものがありますので、まずは身近な人を自宅やカフェなどでカウンセリングするところから始めましょう。

また、インターネットでの相談受付も初期設備としては効果的。ルームの設立はカウンセラーの夢ですが、いきなりそこから始めず、まずは自分の出来る範囲から手をつけていくことが、独立成功へのカギとなることでしょう。

 

心理カウンセラー資格が役立つ職業って?

カウンセリングワード

心理カウンセラーの資格は、対人の濃度が高い職業には重宝されます。

下記のような職業に就いている方、あるいは目指されている方に心理カウンセラー資格は役立つでしょう。 

 

産業カウンセラー

「働く人のサポートをするカウンセラー」といわれ、人々がより働きやすくなるために相談を受けたり、対策を練ります。

詳しくは当サイト「産業カウンセラー」をご覧ください。 

キャリアカウンセラー

仕事やキャリア形成に対しての相談を受け、適性の発見・課題解決へと導くカウンセラーです。

またそのヒアリング範囲は職業だけではなく、相手の価値観にも触れる必要があるので高度なカウンセリング力と課題解決力の双方が必要となります。 

美容カウンセラー

美容外科や美容サロンなどで美容という観点からカウンセリングをするお仕事です。

受付兼美容カウンセラーとして顧客のヒアリングをする場合もありますし、専任の場合もあります。 

各種電話相談窓口

電話やメール、Skypeなどで相談を受けるお仕事です。

相談の内容はサービスによって違いますが、カウンセリングをするタイプの相談窓口も多く見受けられます。 

ソーシャルワーカー

病気や障害、高齢などによりサポートが必要とされる人やその家族に対して、支援や指導を行う仕事です。

福祉との関りが強く「社会福祉士」や「精神保健福祉士」などをソーシャルワーカーと呼ぶこともあります。

相談を受け、解決していく仕事のため、心理カウンセラーの資格も大いに役立ちます。

 

これらのお仕事は専門性が高く、もし既に従事されていれば、心理カウンセラーの知識とスキルは大いに役立ちます

 

カウンセリングのスキルが役立つ業界/職種

カウンセリングイメージ

先述でご紹介した職業は、カウンセリング要素が強かったり専門性の高い印象があったかもしれません。

実は一般的な職業でも、人と接する機会があればそれだけでカウンセリング資格は活かすことができます

 

事務 (特に人事)

人事や労務を始めとした事務職の方であれば、必ず指示を受けたり組織内でのコミュニケーションを図るタイミングがあります。

もし人事業務をされていれば、面接などの場面で求職者や就労者の本音を聞き出す作業が出てくるでしょう。 

営業/コンサルタント

相手の立場を理解して話すことによって、営業成績や売上アップに繋がることがあります。

取引先といえど相手は感情を持った人間なので、記憶に残ったり、気持ちをくみ取った行動が出来れば、売上にも繋がります。

サービス業

美容師や販売員、飲食店舗やプランナーなどの接客業でも、もちろん心理カウンセラーの知識は活かされます。

人の心を捉える空間・空気作りをするためにも、心理学やカウンセリングの知識は力になってくれるでしょう。

教育機関従事者

「人を育てる」という心的密度の高い重い仕事をするにあたり、その基盤である心理学の知識はあって損はしません。

カウンセリングスキルは相手から信用をしてもらう大きな要素となります。

医療/介護/福祉従事者

医療や介護、福祉は常に、人の心と切っては切り離せない位置にあります。

不安や悩みを抱える相手に対し、安心させる言葉をかけながら解決や現状維持のモチベーション保たせなければなりません。

また、障がい者支援などであれば、相手を理解出来る客観性も必要になるでしょう。

カウンセリングの学びはそれらの訓練になり得ます。

自営業/経営者

ビジネスの世界には、必ず取引先(クライアント)がいます。

ステークホルダーとの関係構築は重要なものになりますし、従業員がいる場合は、彼らが働きやすい環境を作るだけでも、結果的にビジネスの発展に繋がっていきます。

心理カウンセラーの資格が生かされるお仕事は、上記だけではありません。

働いたり生活をする以上、人とは必ず関わることになります。

人と接する方や、人に興味のある方にとって、心理カウンセラー資格取得は相性の良いステップアップになるでしょう。

豊富な心理学の種類を知ろう!

心理学という学問の種類を知ることで、自分に必要なカウンセリングの資格が分かるのではないでしょうか。せっかくお金をかけて取る資格なので、学びたい分野をしっかりと決めてから資格を取るようにするといいでしょう。

詳しくは当サイト「カウンセリングの資格は心理学の種類によってさまざま」をご覧ください。

仕事で活かせる!心理カウンセラーの通信講座厳選ランキング
心理カウンセラーの資格が取れる通信講座Best3
キャリアカレッジ
ジャパン
費 用 55,000円(税別)
学習期間 4ヶ月

資格が取れる通信講座の中でも、学習期間が4カ月と最短!無制限で質問できて、就・転職も無料でサポートしてくれるのも嬉しい。

TERADA
医療福祉カレッジ
費 用 76,000円(税別)
学習期間 6ヶ月

医療系資格専門の通信教育校による通信講座。一人ひとりに担任の先生がつく個別指導体制で、受講者をサポート。

たのまな
費 用 70,370円(税別)
学習期間 6ヶ月

2つの資格が添削問題と在宅試験で取得可能。講座内での添削回数10回と、比較的少ない回数で資格を取得できる。

 
【このサイトについて】
心理カウンセラーの資格の種類や通信講座の情報を、個人的に調べてまとめたサイトです。
資格の詳細や通信講座の内容・受講費用などの最新情報は、公式ホームページ等でご確認下さい。