本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ

本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ » ココが知りたい、心理カウンセラーとは » こんな場面で活躍できるチャイルドカウンセラー資格

こんな場面で活躍できるチャイルドカウンセラー資格

チャイルドカウンセラー資格取得に必要なものは?

チャイルドカウンセラー資格は、国家資格ではなく、一般社団法人「日本能力開発推進協会(JADP)」が認定する民間資格です。資格取得には、JADPが運営する講座を受講する必要があります。これは通信で受講できるので、現在仕事をお持ちの方でも取り組みやすいでしょう。メールやFAXを利用した臨床心理士からの添削指導などを受けながら、約4ヶ月間学びます。講座が修了したら、認定試験に挑むことになりますが、これも自宅で受験できます。

自宅で受験なら、テキストを見れば答えがわかってしまうのでは?と思いますが、記述式の筆記試験なので、自分で考え答えを導き出さねばならない試験です。 チャイルドカウンセラーへの勉強では、最近注目されることの多い発達障害(ADHD)やアスペルガー症候群の子供など、一般の物差しでは測ることができない、繊細な対応が必要なケースの対応についても学ぶことができます。子供は、不満や悩みがあっても中々自分で伝えたり、表現したりすることができません。どのようにして子供との信頼関係を築くか、カウンセリングのコツや、子供の興味を持続させる方法など、実践的な方法を学ぶことができます。

参考:一般財団法人日本能力開発推進協会「チャイルドカウンセラー」

チャイルドカウンセラーが求められる様々な現場

チャイルドカウンセラーの資格は民間資格なので、それさえあれば就職に有利というものではありません。ですが、例えば保育士の資格を持つ方が、チャイルドカウンセラーの資格を取得できれば、保育園の子供たちの問題への対処や、育児に悩む保護者の方への相談にも、一層適切に対応できるようになることでしょう。

子供と接する仕事は、保育園や幼稚園、小学校だけではありません。 小児科の病院、ピアノや体操、英語など様々な習い事の教室、放課後クラブのような学童施設、ベビーシッター、チャイルドライン(子供電話相談室)のキャッチャーなど、多くの施設に、チャイルドカウンセラーが活躍できるチャンスがあります。 既にそのような施設で働いていらっしゃる方なら、チャイルドカウンセラーの知識と技術を身につけることで、更なるステップアップに繋げることもできそうです。 臨床心理士や社会福祉士の資格を持たず、心理カウンセラーやチャイルドカウンセラーの資格だけでは、小学校や病院への就職は難しいでしょう。

しかし、福祉施設などでは、施設の通常業務をしながら、カウンセリングの実践を積むチャンスをいただけるケースもあります。インターネット電話を使って、自宅の1室をカウンセリングサロンにすることもできます。地域の方の相談にのるなど、カウンセリング経験を積むうちに、活躍できる場が広がってゆくのもチャイルドカウンセラーの魅力です。

チャイルドカウンセラーとして成功するには、何よりも子供たちが大好きで、子供たちの幸せを1番に考えてあげられることです。「子供たちのために」の信念をしっかり持ち続けることができれば、子供だけでなく、親や周囲の大人たちと真剣に向き合い、子供の幸せをサポートできるはずです。そんな風に考えられる方にとって、チャイルドカウンセラーの資格は、必ず役立つ資格になることでしょう。

仕事で活かせる!心理カウンセラーの通信講座厳選ランキング
心理カウンセラーの資格が取れる通信講座Best3
キャリアカレッジ
ジャパン
費 用 55,000円(税別)
学習期間 4ヶ月

資格が取れる通信講座の中でも、学習期間が4カ月と最短!無制限で質問できて、就・転職も無料でサポートしてくれるのも嬉しい。

TERADA
医療福祉カレッジ
費 用 76,000円(税別)
学習期間 6ヶ月

医療系資格専門の通信教育校による通信講座。一人ひとりに担任の先生がつく個別指導体制で、受講者をサポート。

たのまな
費 用 70,370円(税別)
学習期間 6ヶ月

2つの資格が添削問題と在宅試験で取得可能。講座内での添削回数10回と、比較的少ない回数で資格を取得できる。

 
【このサイトについて】
心理カウンセラーの資格の種類や通信講座の情報を、個人的に調べてまとめたサイトです。
資格の詳細や通信講座の内容・受講費用などの最新情報は、公式ホームページ等でご確認下さい。