本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ

本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ » ココが知りたい、心理カウンセラーとは » 心理カウンセラーに向いている人

心理カウンセラーに向いている人

心理カウンセラーは、クライアントの話の耳を傾け、課題解決をサポートする仕事。

精神科医のように、病名を診断したり、薬を処方するのではなく、コミュニケーションという方法により問題の解決に導いていきます。

つまり、心理カウンセラーには、高いカウンセリング能力が求められます。

カウンセリングをするということは、とてもデリケートな部分にも触れることもあり、これは誰にでもできるものではありません。カウンセラーになるには、大前提として必要な素質がいくつかあります。

このページでは、心理カウンセラーに向いている人の特徴についてご紹介します。

心理カウンセラーには適性がある

話す2人のシルエット

カウンセリングには「共感」と「信頼」が重要

「共感」をするということは、簡単なようで難しく、相手と似た状況に置かれてみないと、なかなか共感をすることは出来ません。

ですが、カウンセリングに来るクライアントにとっては、共感をしてくれる心理カウンセラーは心強い存在。

自分一人では抱えきれない悩みを見知らぬ誰かに話すことって、そう簡単なことではありません。そこで、あなたが相手に安心感を与える要素を持っていたり、高い傾聴力があることは強い武器になるでしょう。ですが、それ以上に効果的なのが、そこに「共感」が生まれていること。人は自分の「仲間」と認識することにより、一気に心を開きやすくなります。

では、共感が出来る人って、どのような人なのでしょうか?

これからご紹介するような性格である方や、人生経験を経た方は「共感」や「信頼」を生み、クライアントから心を開かれやすいでしょう。

心理カウンセラーに向いている性格

人に興味を持てることが、大前提

心理カウンセラーに適性のある性格というものはありますが、それらの性格を満たしていたとしても、人の心に興味を持てなければ、心理カウンセラーの仕事は務まりません。

なぜなら、心理カウンセラーの仕事は、人の心の動きや、その人の思考、性格について分析する必要があるため。それが出来なければ、課題の解決にはつながらず、クライアントが満足する結果を導くことは出来ません。

人から相談を受けることが多い方や、自分で「世話好き」だと認識のある方はこの条件を満たしているでしょう。

面倒見が良い、世話好き

先ほども触れた通り、人に興味を持てることは、心理カウンセラーにとって大切な要素です。面倒見が良い方、世話好きな方はその典型であるため、心理カウンセラーの素質があると言えます。

また、面倒見が良い方は他人から心を開かれやすく、心の距離が近くなることで、共感を生みやすくなることでしょう。

ネガティブな面もある

カウンセリングにくるクライアントに、100%ポジティブな人はいないでしょう。

ポジティブな人であれば、とっくに自分の悩みを解決してしまっているはず。そもそも、悩みさえないかもしれませんね。

カウンセリングをする際、相手の思考を理解するには、少しでも共感出来ることが課題解決への糸口になってきます。

悩みや問題を抱えているクライアントの気持ちを理解するためには、前向きなだけでなく、問題意識をも持っている必要があるのです。

人の話を聞くことが苦にならない

心理カウンセラーの業務は、人の話を聞くこと。それは、対面の場合でも、メールや電話の場合でも同じです。そのため、人の話を聞くことが苦にならないのは、必須要素といえます。

自然体の状態で、気が付いたら他人から相談を受けることが多くなっていた、というような方は、その条件を満たしているでしょう。

変化によく気が付く、気配り上手

カウンセリングをしている際には、クライアントの心の動きを読む必要があります。クライアントと話している時、少し様子が変わったりしたときに、解決へのヒントが見つかることもあるためです。

実際、クライアント自身が気づけていない部分は多く、カウンセラーはその部分にも光を当てて問題解決をしていく必要があります。クライアントの口からでる言葉だけでなく、仕草や感情の動きにも気が付けることは重要です。

また、あるカウンセラーは、カウンセリングルームにいつも花を生けているそう。これは、カウンセリングに来たクライアントの気持ちが少しでも前向きになるための視覚的な配慮だそうです。

このような気配りができることも、クライアントの満足度につながります。

こんな人生経験をしている人は強い

カウンセリング中

今までの苦労や悩みは、武器になる

心理カウンセラーの仕事には、これまでのあなたの悩みや苦労が全て活きます。

反対にいえば、全く悩みの無い方はクライアントの気持ちを理解することが難しいでしょう。

例えば、人と接することが怖いクライアントが来たとして、あなたがもし、人間関係で過去に苦労したり悩んだ経験があれば、共感できる部分は出てくるでしょう。

また、家庭に問題を抱えたクライアントが来たとして、あなたも同じように身内の苦労を経験していたと知ったら、そのクライアントは心を開きやすくなるはずです。

このように、これまで経験してきた失敗や悩みは、いつか誰かの気持ちを理解できるための武器として活かせます。

あなたがもし、過去に悩んだ経験や、辛かったことがあったとしたら、それだけでも、心理カウンセラーになるための必要要素を満たしていると言えるでしょう。

性格だけではなく、これまでの人生経験によっても適性は分かれる

「心理カウンセラーに向いている」ということは、決して、「心理学の知識やカウンセリング技術が高い」ということとは等しくありません。

性格やこれまでの人生経験によって、心理カウンセラーに必要な素質があるかどうかは決まってきます。

今まで辛い経験をしたことのあるカウンセラーは、その分クライアントの立場を理解することが出来ます。そして、共感が生まれることにより、クライアント自身も心を開きやすくなっていきます。

もし、あなたがその要素を満たしているのであれば、年齢などは関係無しに「心理カウンセラーに向いている」と言えるでしょう。

「心理カウンセラーに向いていない人ってどんな人?」という点が気になった方は、

当サイトの「心理カウンセラーに向いている人、向いていない人」もチェックしてみて下さい。

仕事で活かせる!心理カウンセラーの通信講座厳選ランキング
心理カウンセラーの資格が取れる通信講座Best3
キャリアカレッジ
ジャパン
費 用 55,000円(税別)
学習期間 4ヶ月

資格が取れる通信講座の中でも、学習期間が4カ月と最短!無制限で質問できて、就・転職も無料でサポートしてくれるのも嬉しい。

TERADA
医療福祉カレッジ
費 用 76,000円(税別)
学習期間 6ヶ月

医療系資格専門の通信教育校による通信講座。一人ひとりに担任の先生がつく個別指導体制で、受講者をサポート。

たのまな
費 用 70,370円(税別)
学習期間 6ヶ月

2つの資格が添削問題と在宅試験で取得可能。講座内での添削回数10回と、比較的少ない回数で資格を取得できる。

 
【このサイトについて】
心理カウンセラーの資格の種類や通信講座の情報を、個人的に調べてまとめたサイトです。
資格の詳細や通信講座の内容・受講費用などの最新情報は、公式ホームページ等でご確認下さい。