本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ

本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ » ココが知りたい、心理カウンセラーとは » 心理カウンセラーとは

心理カウンセラーとは

心理カウンセラーとはどんな仕事なのでしょうか?また、心理カウンセラーになるにはどのような方法があるのでしょうか?心理カウンセラーの活躍の場と併せて基本を解説します。

心理カウンセラーとは

心理カウンセラーとは、人の心の悩みに耳を傾け、その悩みの原因を分析し、クライアントに適切な改善法を助言する専門家です。人の心の悩みは年代や職業、立場などによって千差万別。人の数だけ悩みの種類があると言っても過言ではありません。それだけ心理カウンセラーの仕事の幅は広く、オールマイティな能力が求められるということになります。

ところで「心理カウンセラー」を特定の資格名と考えている人もいるようですが、それは誤解です。心理カウンセラーとは、心理カウンセリングを職務とする人たちの総称です。また、心理カウンセラーには、必ずしも資格が必要ではありません。人の悩みを解決に向ける仕事をしているならば、どんな人でも「心理カウンセラー」を名乗ることができます。

心理カウンセラーになると、人の心の悩みを改善に向けることができます。家族や会社での信頼関係を取り戻す手助けができたり、相談者自信が自分を取り戻すためのサポートができたりします。人々の心を前向きに変える仕事なので、高いやりがいを感じることでしょう。

心理カウンセラーになるには

心理カウンセラーになるには、一般的に何らかの心理系の資格を取得する必要があります。その代表が、臨床心理士。心理系の仕事としては最高峰に居続けられる憧れの資格です。

しかし臨床心理士などの専門的な資格を取得には、まず大学院修士課程を修了する必要があります。大学院に入るには難しい入試があり、2年~3年通学し、さらに修士論文の審査に通過しなければ修了することはできません。すべてクリアして、ようやく臨床心理士の「受験資格」が与えられます。

臨床心理士に至るまでの道のりは長く、難しいと言えます。社会人として働きながら取得することは、困難ではありませんが、時間とお金がかかります。
そのため、現実的に心理カウンセラーとして働くためには、臨床心理士よりも民間資格のメンタル心理カウンセラーなどを入口としたほうが良いでしょう。指定教育機関の通信講座などを受講し、在宅で受験できる資格です。

心理カウンセラーになると、様々なフィールドで活躍することができます。学校や民間企業、医療機関、介護施設などが主な活躍の場となるでしょう。中には独立開業する人もいます。

心理カウンセラーは、人の心の専門家。人の心の悩みがなくなることは、そう起こりうることではありません。活躍できる場所は限りなくあると言って良いでしょう。

仕事で活かせる!心理カウンセラーの通信講座厳選ランキング
心理カウンセラーの資格が取れる通信講座Best3
キャリアカレッジ
ジャパン
費 用 55,000円(税別)
学習期間 4ヶ月

資格が取れる通信講座の中でも、学習期間が4カ月と最短!無制限で質問できて、就・転職も無料でサポートしてくれるのも嬉しい。

TERADA
医療福祉カレッジ
費 用 76,000円(税別)
学習期間 6ヶ月

医療系資格専門の通信教育校による通信講座。一人ひとりに担任の先生がつく個別指導体制で、受講者をサポート。

たのまな
費 用 70,370円(税別)
学習期間 6ヶ月

2つの資格が添削問題と在宅試験で取得可能。講座内での添削回数10回と、比較的少ない回数で資格を取得できる。

 
【このサイトについて】
心理カウンセラーの資格の種類や通信講座の情報を、個人的に調べてまとめたサイトです。
資格の詳細や通信講座の内容・受講費用などの最新情報は、公式ホームページ等でご確認下さい。