本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ

本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ » ココが知りたい、心理カウンセラーとは » 働きながら心理カウンセラーの資格をとるには

働きながら心理カウンセラーの資格をとるには

心理カウンセラーとは、心に問題を抱えている人に対して、

会話や心理療法など専門知識やスキルをもってサポートを施す仕事です。

ストレス社会と言われる現代の日本では、心理カウンセラーは様々な場面で必要とされています。 

心理カウンセラーに求められるもの

それでは、心理カウンセラーにはどのような人が向いているのでしょうか。

ここでは、心理カウンセラーに必要とされている能力や経験についてご紹介していきます。

 

心理カウンセラーに必要とされる要素

・話しやすさ

・「相手の役にたちたい」という思いがあること

・人の話を聞くのが好き

・人に興味がある

・気遣い、気配りがよくできる

・自分自身、悩みを抱えた経験があること 

 

心理カウンセラーをする上で特に必要とされている要素は、やはり「話しやすさ。」

悩みや心のしがらみを乗り越えていくためには、まずはその原因を探るために情報を聞きだす必要があるからです。また、カウンセリングにいらっしゃる方は普通の人に比べると繊細・敏感な状態になっています。

そのような相手に対しても嫌な思いをさせずに会話や心理療法の場を作れる要素として、

よく気が付いたり、他人の痛みが分かることは強みになります

 

働きながらでも資格は取れる

Work

 

心理カウンセラーが必要とされていることは分かりました。

ただ、もしやりたいと思ったとしても、今の仕事を辞めてまで勉強を始めるのはリスキーですよね。

実は心理カウンセラーの資格はいくつもの種類があり、専門大学院などを修了しなくても資格を取ることは出来ます

そして、通信講座はかなり自由度が高く学び方の選択肢は幅広いです。

1日60分を4か月ほどで完了する学校もあれば、4年という期間の中で自分のペースで学べる学校もあります。

ご自身のペースと、いつまでに資格を取りたいのかという2点をもとに選ぶのが良いでしょう。

 

働きながら得られる心理カウンセラー資格一覧

先述で、働きながら心理カウンセラー資格は取得できるとお伝えしましたが、資格によっては通信課程だと難しいものもあります。下記、通信課程に適しているものと、通学する必要のあるものをまとめましたのでご参考になさってください。

 通信課程で取得できるもの

・メンタル心理カウンセラー

・メンタルケア心理士

・上級心理カウンセラー

・ケアストレスカウンセラー

 

通学が必要なもの

・臨床心理士

指定の大学院を卒業する必要あり

・学校心理士

大学院修了過程で学校心理学に関する科目を履修していることと、

1年以上の実務経験の両方があれば申請でき、そのまま資格取得できます。

・臨床発達心理士

修士課程修了、指定科目を履修していること、

200時間の臨床経験などの受験資格を満たして初めて受験が出来ます。

・産業カウンセラー

通信課程でも面接対策のスクーリングが必要

・認定心理士

大学での心理学の学びを修了し、申請する必要があります。

 

働きながら資格取得を目指される場合は、通信課程もしくは一定時間のスクーリングで済む産業カウンセラーが適しているでしょう。学校に入りなおすのも費用やリスクはあるので、まずは通信課程で心理学を学び、ご自身に合っているかを見定めるのも一つの手です。

 

働きながら学びを得るコツ

さて、いくら通信課程で時間に融通が利くと言っても、それはそれで自己管理を徹底しなければなりません。

ここでは、働きながらでも資格取得につなげられるコツをお伝えします。

Books

 

具体的な目標を決める

目的に対して、どんな通過点を経ていくのかをまず決めましょう。

出来るだけ具体的な方が良く、例えば「カウンセリング力を身につける」よりは

「メンタルケア心理士の資格を来年の〇月に取る!」の方がモチベーションを維持でき、目標達成に繋がります。 

勉強の習慣やルールを身に着ける

出来るだけ具体的に勉強の時間や場所を決めることで、学びは習慣化し、精神的負担になりにくくなるため継続に繋がります。毎日出勤前の〇時から30分間は問題集を2ページ進める、あるいは、帰宅電車の1時間は参考書を熟読するなど簡単で良いので習慣を作りましょう。

また、1人では長続きしない方であれば、勉強仲間を作るのも良いでしょう。 

適度に力を抜く、楽しむ

知識を蓄えるにあたり、適度な休息やリフレッシュはとても大切な要素になります。

まず、睡眠と学びには深い関係があり、人は寝ている間に記憶の固定作業を行っています。

睡眠時間をしっかりとることにより、記憶が定着し勉強効率はあがるのです。

また、息抜きやストレスケアも必要です。記憶を司っているのは脳にある海馬という部分ですが、

海馬の細胞はストレスが続くと委縮するため、ストレスの低い状態の方が記憶しやすくなるのです。

 

スキルアップ/キャリアアップに繋がる心理カウンセラー資格

全ての心理カウンセラー資格に共通することは、対人関係が必要とされる場面に活かせるということ。

相手のいないビジネスはないので、多くの仕事に活かすことが出来ます。

もしあなたが組織に属していたり、クライアントを持つお仕事をされているなら学んでおいて損はありません。

 

副業・独立もできる心理カウンセラー

今のお仕事を続けつつ、副業として心理カウンセラーに携わる、という方法もあります。

また、その経験を生かして独立・開業をするというルートも。

詳しくは当サイトの「独立・開業は簡単?」をご覧ください。 

就職支援サポートのある講座も

通信講座も様々ですが、学校によってはキャリアカウンセラーに就職やキャリア相談もできます。

カウンセラー関連のお仕事の斡旋を担っている学校もあるので、資格取得後のフォローについても調べてから講座を選定するのが賢明でしょう。

 

あなたに合った心理カウンセラー資格と講座を見つけて

今のお仕事と両立させながら、更なるスキルアップ・ステップアップを目指してくださいね。

仕事で活かせる!心理カウンセラーの通信講座厳選ランキング
心理カウンセラーの資格が取れる通信講座Best3
キャリアカレッジ
ジャパン
費 用 55,000円(税別)
学習期間 4ヶ月

資格が取れる通信講座の中でも、学習期間が4カ月と最短!無制限で質問できて、就・転職も無料でサポートしてくれるのも嬉しい。

TERADA
医療福祉カレッジ
費 用 76,000円(税別)
学習期間 6ヶ月

医療系資格専門の通信教育校による通信講座。一人ひとりに担任の先生がつく個別指導体制で、受講者をサポート。

たのまな
費 用 70,370円(税別)
学習期間 6ヶ月

2つの資格が添削問題と在宅試験で取得可能。講座内での添削回数10回と、比較的少ない回数で資格を取得できる。

 
【このサイトについて】
心理カウンセラーの資格の種類や通信講座の情報を、個人的に調べてまとめたサイトです。
資格の詳細や通信講座の内容・受講費用などの最新情報は、公式ホームページ等でご確認下さい。