本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ

本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ » 心理カウンセラーになるための資格一覧 » 上級心理カウンセラー

上級心理カウンセラー

ここでは上級心理カウンセラーの資格と仕事について解説しています。

上級心理カウンセラーとは

上級心理カウンセラーとは、心の悩みを持つあらゆる相談者に対して、高度な専門知識・技術でカウンセリングを行なうための資格。一般財団法人・日本能力開発推進協会(JADP)が認定している資格で、同協会が認定するメンタル心理カウンセラーよりも上位の資格です。

上級心理カウンセラーを取得するには

上級心理カウンセラーになるには、日本能力開発推進協会(JADP)が指定する教育機関で所定のカリキュラムを履修し、同協会が主催する試験に合格する必要があります。

試験日程は決められておらず、カリキュラムを修了したら協会に受験申請を行なって在宅で受験するシステム。得点率70%以上で合格となります。

在宅受験が可能なので、本番に強い、弱いといった精神面の影響を受けることもなく、勉強した実力がそのまま試験結果に反映されます。

講座の内容

上級心理カウンセラーの資格を取得するうえで、日本能力開発推進協会が履修を義務付けているカリキュラムは、大きく3種類に分かれます。

  • 心理療法の基礎知識
  • カウンセリングの運営について
  • クライアントの対応について

これらがさらに細分化されたカリキュラムを、指定教育機関(キャリアカレッジジャパン)を通じて履修することになります。メンタル心理カウンセラーの上級版という位置づけなので、内容はより高度で実践的なものとなっています。

履修に要する機関は約2ヶ月。履修し試験に合格した人は、指定教育機関から就職や転職のサポートを受けることができます。

資格の活かし方

上級心理カウンセラーの資格を取得した人は、様々な場所での活躍が期待されます。一例を挙げれば、医療や福祉の現場(ソーシャルワーカー)、学校(学校内カウンセラー)、民間企業(企業内カウンセラー)などです。

また、現在の本業が保育士や企業の管理職、営業職、主婦などの場合も、上級心理カウンセラーの資格を活かすことができるでしょう。

体験談

  • メンタル心理カウンセラーとして働いていましたが、仕事上のあらゆる場面で専門知識の不足を感じることがあり、上級心理カウンセラーの資格を取得しました。以後、より専門的な立場からカウンセリングができるようになり、クライアントの満足度も上がっています。
  • 接客業の中で自然に身に付いた立ち振る舞いがありましがた、今回、上級心理カウンセラーの勉強をしてみて、自分は無意識に心理学を実践していたんだと気づきました。同時に、自分の振る舞いが間違っていなかったと自信になりました。
仕事で活かせる!心理カウンセラーの通信講座厳選ランキング
心理カウンセラーの資格が取れる通信講座Best3
キャリアカレッジ
ジャパン
費 用 55,000円(税別)
学習期間 4ヶ月

資格が取れる通信講座の中でも、学習期間が4カ月と最短!無制限で質問できて、就・転職も無料でサポートしてくれるのも嬉しい。

TERADA
医療福祉カレッジ
費 用 76,000円(税別)
学習期間 6ヶ月

医療系資格専門の通信教育校による通信講座。一人ひとりに担任の先生がつく個別指導体制で、受講者をサポート。

たのまな
費 用 70,370円(税別)
学習期間 6ヶ月

2つの資格が添削問題と在宅試験で取得可能。講座内での添削回数10回と、比較的少ない回数で資格を取得できる。

 
【このサイトについて】
心理カウンセラーの資格の種類や通信講座の情報を、個人的に調べてまとめたサイトです。
資格の詳細や通信講座の内容・受講費用などの最新情報は、公式ホームページ等でご確認下さい。