本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ

本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ » 心理カウンセラーになるための資格一覧 » 上級心理カウンセラー

上級心理カウンセラー

ここでは上級心理カウンセラーの資格と仕事について解説しています。

上級心理カウンセラーとは

上級心理カウンセラーとは、心の悩みを持つあらゆる相談者に対して、高度な専門知識・技術でカウンセリングを行なうための資格。一般財団法人・日本能力開発推進協会(JADP)が認定している資格で、同協会が認定するメンタル心理カウンセラーよりも上位の資格です。

上級心理カウンセラーを取得するには

上級心理カウンセラーになるには、日本能力開発推進協会(JADP)が指定する教育機関で所定のカリキュラムを履修し、同協会が主催する試験に合格する必要があります。

試験日程は決められておらず、カリキュラムを修了したら協会に受験申請を行なって在宅で受験するシステム。得点率70%以上で合格となります。

在宅受験が可能なので、本番に強い、弱いといった精神面の影響を受けることもなく、勉強した実力がそのまま試験結果に反映されます。

心理カウンセラーの資格が取れる通信講座ベスト5

講座の内容

上級心理カウンセラーの資格を取得するうえで、日本能力開発推進協会が履修を義務付けているカリキュラムは、大きく3種類に分かれます。

  • 心理療法の基礎知識
  • カウンセリングの運営について
  • クライアントの対応について

これらがさらに細分化されたカリキュラムを、指定教育機関(キャリアカレッジジャパン)を通じて履修することになります。メンタル心理カウンセラーの上級版という位置づけなので、内容はより高度で実践的なものとなっています。

履修に要する機関は約2ヶ月。履修し試験に合格した人は、指定教育機関から就職や転職のサポートを受けることができます。

資格の活かし方

上級心理カウンセラーの資格を取得すると、プロのカウンセラーとして資格を活かしてさまざまな場面で活躍することができます。

たとえば、企業内のカウンセラーや学校内カウンセラーなどでそれぞれの悩みを聞いて相談に乗り、アドバイスすることができます。企業の専門カウンセラーとして就任したり、学校の臨時職員として就職したりと、求人も多いので活躍できる場は広がるでしょう。

また、医療機関や福祉の施設でのソーシャルワーカーとして働くのにも有利になります。これはカウンセリングが主な業務ではありませんが、資格取得によって得た知識によって、休業している人の職場復帰のサポートや支援に役立てることができます。
ほかにも、現在の本業が保育士や企業の管理職、営業職、接客業などの人も、上級心理カウンセラーの資格取得によって得た知識やスキルが仕事の上で役立つ場面も増えてきます。 さらには、自分のカウンセリングルームを開く開業も可能になるでしょう。

上級心理カウンセラーの体験談・口コミ

  • メンタル心理カウンセラーとして働いていましたが、仕事上のあらゆる場面で専門知識の不足を感じることがあり、上級心理カウンセラーの資格を取得しました。以後、より専門的な立場からカウンセリングができるようになり、クライアントの満足度も上がっています。
  • 接客業の中で自然に身に付いた立ち振る舞いがありましがた、今回、上級心理カウンセラーの勉強をしてみて、自分は無意識に心理学を実践していたんだと気づきました。同時に、自分の振る舞いが間違っていなかったと自信になりました。
  • 昔から心理学に興味があり、いろいろな人から相談を受けることも多かったので、勉強のために上級心理カウンセラーの資格取得にチャレンジしました。勉強を通じていろいろな知識を深めることができ、資格取得後はもっとたくさんの人の役に立ちたいと思ってカウンセラーの仕事に就くように。資格を取ることでもっと人の話を深く理解できるようになり、自分の自信にもつながりました。
  • カウンセリング自体は特に資格がなくてもできますが、資格があるといろいろな施設に呼ばれたり、仕事に生かすこともできます。私は資格を取得してボランティアでカウンセリングをする機会を得ました。やはり、相談する方も相手が資格保有者であると信頼感が増し、安心できるようで、スムーズに話を聞くことができました。上級心理カウンセラーの資格を取ることで、もっと深く知りたいと思うようになり、さらなる勉強をするきっかけにもなりました。
  • 通信講座で4ヵ月程度の受講を経て資格取得をしました。試験内容は結構難しく、テキストを見ても良いとはいえ、ちゃんと知識が定着していないと回答出来ない問題も多く、思った以上に苦戦しました。無事合格した今では、自分のWebサイトを立ち上げ、メールカウンセリングをしたり、クラウドソーシングを活用してお仕事しています。
  • 心理学が好きで、他人からの相談もよく受ける方でした。でも、もっと自信をもってカウンセリングをしたい、という思いから資格の勉強を始めたのです。資格勉強は通信で、届いたDVDは毎日見て勉強していました。晴れて資格取得できた今では、カウンセリングルームを立ち上げ、様々な悩みを持つクライアントのお話を聞いています。

上級心理カウンセラーの資格対策ができる通信講座

上級心理カウンセラーの資格取得対策には、キャリアカレッジジャパンの通信講座がおすすめです。

キャリアカレッジジャパン

上級心理カウンセラー資格取得講座

1日1時間勉強すれば、わずか2ヶ月で上級心理カウンセラーの資格が取れるという、本格的な心理療法スキルを学ぶことができます。
学習方法は、はじめて心理学を学ぶ人でもわかりやすいイラストが豊富なテキストと、実際のカウンセリングシーンを見て、流れやカウンセラーの表情や声のトーン、相談者とのやり取りなどを感じて実践力を高められるDVDが基本。さらに、添削や質問指導、プロカウンセラーによるマンツーマンの指導で、通信講座でありながら幅広い知識とカウンセリングスキルを身に着けることができます。
標準学習期間は2ヶ月ですが、受講開始から最大700日の無料延長制度もあるのでマイペースで続けられます。

教材セットの内容

学習ガイドBOOK、テキスト4冊、DVD4枚、ガイダンスDVD1枚、添削問題、無料カウンセリング実習サービスサポートBOOK

教材費

通常36,000 円(税別)のところ、ネット申し込み限定割引によって一括費用26,000 円(税別)のお得価格で受講可能。

添削回数

全8回

標準学習期間

2ヶ月(受講開始から最大700日間の無料延長が可能)

メンタル総合心理W資格取得講座

上級心理カウンセラーの資格と共に、心理学の基礎概念から学べて「メンタル心理カウンセラー」の資格もあわせて取得できる合理的なコースです。
基本的な知識から学べるので、はじめて心理学に触れる人でも無理なく始められます。

教材セットの内容

学習ガイドBOOK、テキスト6冊、DVD6枚、ガイダンスDVD1枚、対応事例集1冊、開業BOOK1冊、精神医学の基礎知識1冊、添削問題、無料カウンセリング実習サービスサポートBOOK

教材費

通常55,000 円(税別)のところ、ネット申し込み限定割引によって一括費用45,000 円(税別)のお得価格で受講可能。

添削回数

全12回

標準学習期間

4ヶ月(受講開始から最大700日間の無料学習サポートが可能)

仕事で活かせる!心理カウンセラーの通信講座厳選ランキング
心理カウンセラーの資格が取れる通信講座Best3
キャリアカレッジ
ジャパン
費 用 55,000円(税別)
学習期間 4ヶ月

資格が取れる通信講座の中でも、学習期間が4カ月と最短!無制限で質問できて、就・転職も無料でサポートしてくれるのも嬉しい。

TERADA
医療福祉カレッジ
費 用 76,000円(税別)
学習期間 6ヶ月

医療系資格専門の通信教育校による通信講座。一人ひとりに担任の先生がつく個別指導体制で、受講者をサポート。

たのまな
費 用 70,370円(税別)
学習期間 6ヶ月

2つの資格が添削問題と在宅試験で取得可能。講座内での添削回数10回と、比較的少ない回数で資格を取得できる。

 
【このサイトについて】
心理カウンセラーの資格の種類や通信講座の情報を、個人的に調べてまとめたサイトです。
資格の詳細や通信講座の内容・受講費用などの最新情報は、公式ホームページ等でご確認下さい。