本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ

本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ » 心理カウンセラーになるための資格一覧 » 認定心理士

認定心理士

ここでは認定心理士の資格・仕事についてまとめています。資格取得に必要な勉強や、就職状況についても紹介しています。

認定心理士とは

認定心理士とは、4年制大学で心理学の基本知識・技能を身に付けたことを証明する資格です。これは「公益社団法人日本心理学会」が認定しています。

資格といっても、認定心理士の資格を保有することで就職や転職の助けになるわけではなく、心理学の基礎知識があることが証明されるというものです。いわば、医師免許や運転免許などではなく、TOEICや博士号などに近いイメージです。

臨床心理士が職業に直結する資格であるのに対し、認定心理士は職業との結びつきが弱いです。カウンセラーとしての専門技術も、臨床心理士と認定心理士とでは大きな差があります。

認定心理士になるには?

認定心理士は、大学や大学院において日本心理学会が指定する科目を履修し、かつ認定心理士の資格申請をすることで資格が与えられます。学部・学科名を問う訳ではありませんが、一般に、心理学科や教育学科出身者が取りやすいとされます。試験がなく、申請だけで資格を得られる点は認定心理士の大きな特徴です。現状、国内には申請さえすれば資格を付与される人が、非常に多く潜在していると考えられます。
なお認定の申請では、審査料10,000円、認定料30,000円、諸経費等1,500円が必要となります。

認定心理士だけでは仕事に就けない?

認定心理士の資格を取得しても、それだけで専門の心理カウンセラーとして就職することは、現実的には難しいでしょう。認定心理士になるために勉強した内容を、将来の臨床心理士の資格試験や産業カウンセラーの資格試験に活かすための資格という位置づけです。

ただし複雑化する現代社会において、心理学の専門知識のニーズはより高まっています。心理学の基礎知識は、社会から求められていることに間違いありません。

体験談

  • 本業は看護師ですが、働きながら認定心理士の資格を取得しました。以来、看護の仕事と並行して、病院のスタッフのカウンセリング業務も行っています。本業の看護にも、心理学という新たな視点ができたことで大いに役立っています。
  • 現在、あるNPO法人で、様々な悩みを抱えた家庭のカウンセリングを行なっています。併せて病院や老人ホームで、高齢者のケアもさせていただいています。相手と真剣に向き合ってカウンセリングをすることに、大きなやりがいを感じています。
仕事で活かせる!心理カウンセラーの通信講座厳選ランキング
心理カウンセラーの資格が取れる通信講座Best3
キャリアカレッジ
ジャパン
費 用 55,000円(税別)
学習期間 4ヶ月

資格が取れる通信講座の中でも、学習期間が4カ月と最短!無制限で質問できて、就・転職も無料でサポートしてくれるのも嬉しい。

TERADA
医療福祉カレッジ
費 用 76,000円(税別)
学習期間 6ヶ月

医療系資格専門の通信教育校による通信講座。一人ひとりに担任の先生がつく個別指導体制で、受講者をサポート。

たのまな
費 用 70,370円(税別)
学習期間 6ヶ月

2つの資格が添削問題と在宅試験で取得可能。講座内での添削回数10回と、比較的少ない回数で資格を取得できる。

 
【このサイトについて】
心理カウンセラーの資格の種類や通信講座の情報を、個人的に調べてまとめたサイトです。
資格の詳細や通信講座の内容・受講費用などの最新情報は、公式ホームページ等でご確認下さい。