本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ

本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ » 心理カウンセラーになるための資格一覧 » キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタント

ここではキャリアコンサルタントの資格の特徴や取得方法、仕事内容について紹介しています。

キャリアコンサルタントとは

2016年4月より国家資格として法制化された「キャリアコンサルタント」。したがって、キャリアコンサルタントとして活動するためには「国家資格キャリアコンサルタント試験」に合格した上で、「キャリアコンサルタント名簿」に登録する必要があります。

では、キャリアコンサルタントとは、具体的にはどのような職業なのでしょうか。キャリアコンサルティングについて、職業能力開発促進法第二条第5項では以下のように定義されています。

『「キャリアコンサルティング」とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます。』

つまり、キャリアコンサルタントとは、相談者の適正や意欲、これまでの職歴や経験を踏まえた上で、職業選択やキャリア開発のための助言や指導を行い、相談者がより良い人生を送れるようになるための手助けをする職業です。

キャリアコンサルタントが働ける職場

キャリアコンサルタントの技能を活かすことができる領域は非常に多くあります。一般的には、民間企業の人事・教育部門、ならびに人材開発部門はもちろん、人材派遣会社、ハローワークなどの公的就業支援機関、大学といった教育機関の大学のキャリアセンターといった分野で活躍するキャリアコンサルタントが多いようです。また、組織に属さず、独立のコンサルタントとして活動する方もいるようです。

キャリアコンサルタントになるには?

キャリアコンサルタントは、2016年4月から国家資格として法制化されました。したがって、キャリアコンサルタントになるためには、

  • 受験資格を得た上で
  • 「国家資格キャリアコンサルタント試験」に合格し
  • キャリアコンサルタントとして「登録」する

の3つの段階を踏むことが必要となってきます。また、キャリアコンサルタント試験を受験するための資格を取得するためには、

  1. 厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した者
  2. 労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験を有する者
  3. 技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格した者
  4. 上記の項目と同等以上の能力を有する者

のいずれかの条件を満たす必要があります。一般的には、キャリアコンサルタント試験を受験する方の多くは、厚生労働大臣が認定する「養成講習」を受講することで受験資格を取得しているようです。養成講習を行っている団体は日本各地に存在しますが、各団体ごとに特徴も様々であり、また費用も異なってきます。養成講習の受講を考えている方は各団体のHP等を参考にすると良いでしょう。

キャリアコンサルタント試験は年4回実施され、学科試験と実技試験(論述・面接)が行われます。前回までの試験で既に学科・実技のいずれかに合格している場合には、その科目は免除となり、学科もしくは実技のいずれかのみの受験となります。

キャリアコンサルタントの体験談

ネット上に体験談や口コミはないようです。

仕事で活かせる!心理カウンセラーの通信講座厳選ランキング
心理カウンセラーの資格が取れる通信講座Best3
キャリアカレッジ
ジャパン
費 用 55,000円(税別)
学習期間 4ヶ月

資格が取れる通信講座の中でも、学習期間が4カ月と最短!無制限で質問できて、就・転職も無料でサポートしてくれるのも嬉しい。

TERADA
医療福祉カレッジ
費 用 76,000円(税別)
学習期間 6ヶ月

医療系資格専門の通信教育校による通信講座。一人ひとりに担任の先生がつく個別指導体制で、受講者をサポート。

たのまな
費 用 70,370円(税別)
学習期間 6ヶ月

2つの資格が添削問題と在宅試験で取得可能。講座内での添削回数10回と、比較的少ない回数で資格を取得できる。

 
【このサイトについて】
心理カウンセラーの資格の種類や通信講座の情報を、個人的に調べてまとめたサイトです。
資格の詳細や通信講座の内容・受講費用などの最新情報は、公式ホームページ等でご確認下さい。