本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ

本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ » 心理カウンセラーになるための資格一覧 » プロフェッショナル心理カウンセラー

プロフェッショナル心理カウンセラー

プロフェッショナル心理カウンセラーとはどんな仕事なのか、なるには実際にどうすればよいのかについてご紹介します。

プロフェッショナル心理カウンセラーとは

人の悩みを聞いたり、心の問題に寄り添って解決へ導くためのカウンセラー。そんなカウンセラーの中にもいくつかの種類があり、「プロフェッショナル心理カウンセラー」は全心連が公認している心理カウンセラーの全国統一認定資格です。プロフェッショナル心理カウンセラーは、国家レベルとされる「上級」とベースラインの「一般」の2種類があります。

カウンセリングスキルに加えて、実習とプロフェッショナル適性という3つの分野における高い専門性と、社会経験の有無について重視されており、心理カウンセラーとしての質や実力を高く保証するものとなっています。プロフェッショナル心理カウンセラーは「誰もが安心して、質の高い心理カウンセリングサービスを受けられるように」という理念に基づいて構築された制度です。

プロフェッショナル心理カウンセラーが働ける職場

カウンセラーは「話を聴くプロ」として認められている職業。その中でも「プロフェッショナル心理カウンセラー」はさらにプロフェッショナルと実績を極めた人が手にできる資格であり、確実性の高いカウンセリング効果が求められる場所でニーズが高くなっています。具体的に言えば企業のメンタルヘルス・モチベーションをサポートする役割や、法人・個人に対するメンタルサポートをする役割として迎え入れられるようになります。

企業や学校に所属するカウンセラーとして働くほか、メンタルケア・ストレスチェックの必要性について啓もうする専門家としてセミナーを行うこともあります。また、すでに心理カウンセラーとして活動しているカウンセラーに対して、プロとしての職業意識を持つために教育の場に携わることも。カウンセリングを必要としている場で多く活躍しています。

プロフェッショナル心理カウンセラーになるには?

プロフェッショナル心理カウンセラーを目指すことは、一般のカウンセラーを目指すことよりもハードルが高くなります。スクールや教育機関で学んだことがある・もしくは今現在学んでいる最中だという人は、スクールや機関によってプロセスが異なるため、持っている資格や学んだ心理学・カウンセリングの内容をまとめて認定教育機関に相談しましょう。社会人の人は、人とかかわった社会経験が実習研修の一部としてカウントされる場合もあるため、社会経験一覧をまとめて認定教育機関に相談します。

プロフェッショナル心理カウンセラーの資格習得のためには、全心連による統一試験を受験・合格する必要があります。試験を受けるためには「全心連認定教育機関」において必要な履修プログラムを終了し、推薦を受けることが必要。「上級」ではトータル1280時間、「一般」では242時間の履修プログラムが用意されており、全心連認定教育機関で受講が可能です。

仕事で活かせる!心理カウンセラーの通信講座厳選ランキング
心理カウンセラーの資格が取れる通信講座Best3
キャリアカレッジ
ジャパン
費 用 55,000円(税別)
学習期間 4ヶ月

資格が取れる通信講座の中でも、学習期間が4カ月と最短!無制限で質問できて、就・転職も無料でサポートしてくれるのも嬉しい。

TERADA
医療福祉カレッジ
費 用 76,000円(税別)
学習期間 6ヶ月

医療系資格専門の通信教育校による通信講座。一人ひとりに担任の先生がつく個別指導体制で、受講者をサポート。

たのまな
費 用 70,370円(税別)
学習期間 6ヶ月

2つの資格が添削問題と在宅試験で取得可能。講座内での添削回数10回と、比較的少ない回数で資格を取得できる。

 
【このサイトについて】
心理カウンセラーの資格の種類や通信講座の情報を、個人的に調べてまとめたサイトです。
資格の詳細や通信講座の内容・受講費用などの最新情報は、公式ホームページ等でご確認下さい。