本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ

本気の心理カウンセラー資格通信講座ナビ » 心理カウンセラーになるための資格一覧 » 心理技官

心理技官

ここでは心理技官の仕事内容や具体的ななり方、必要な資格と取得方法についてご紹介します。

心理技官とは

「心理技官」とは「矯正心理専門職」とも呼ばれる職業であり、非行少年の鑑別や外来相談に対応することが仕事内容となります。法務省で採用される国家公務員の一種としても知られており、罪を犯してしまった受刑者や、非行に走ってしまった少年・少女の立ち直りや改善更生に向けた方法を提案します。

具体的には面接やさまざまな心理検査を通して、どうして非行や犯罪に至ったのかを分析し、これからどうすべきかという方針をレポート「鑑別結果通知書」を家庭裁判所に提出します。

心理学のエキスパートとして、非行少年や受刑者の社会復帰を支えるための重要な職業です。一人ひとりに対して真摯に向き合いながら、必要であればカウンセリングを実施したり、受刑者の収容されている刑事施設の改善点を提案したりなど、職務内容は実に多種多様。いつでも臨機応変に対応できる柔軟さはもちろん、職務内容によっては周りの人とコミュニケーションを積極的に取る必要があるため、協調性や自発性も求められます。

心理技官が働ける職場

心理技官は国家公務員として、少年鑑別所や刑事施設などへ配属されることがほとんどです。刑務所では受刑者の受刑生活が始まるにあたり、受刑者ごとの性格や能力を調査して刑務作業の内容を判断した上で、再犯防止のプログラムを実施します。

少年鑑別所でも同様に、一人ひとりの抱える問題を照らし合わせて課題や目標の策定、再非行防止のための指導プログラムを実施します。また出院後の住居や医療福祉的支援を行うため、福祉や就労支援の専門職員と協力することも求められます。

心理技官になるには?

心理技官になるためには、法務省専門職員(人間科学)採用試験を受験・合格する必要があります。この試験は原則として、受験する年の4月1日現在で21歳30歳未満であれば、誰でも受験することが可能。

法務省専門職員採用試験では、1次試験で以下の出題が、

  • 基礎能力試験(多肢選択式)
  • 専門試験(多肢選択式・記述式)

2次試験で人物試験としての面接が実施されます。その他にも身体検査や視力検査などが予定されており、全てにおいて突破した人だけが」、心理技官として認められます。

心理技官には非行少年や受刑者と正面から向き合うことが要されるため、忍耐強く人の話を聞ける根気や、愛情を持って人と接することのできる人間性が求められます。

仕事で活かせる!心理カウンセラーの通信講座厳選ランキング
心理カウンセラーの資格が取れる通信講座Best3
キャリアカレッジ
ジャパン
費 用 55,000円(税別)
学習期間 4ヶ月

資格が取れる通信講座の中でも、学習期間が4カ月と最短!無制限で質問できて、就・転職も無料でサポートしてくれるのも嬉しい。

TERADA
医療福祉カレッジ
費 用 76,000円(税別)
学習期間 6ヶ月

医療系資格専門の通信教育校による通信講座。一人ひとりに担任の先生がつく個別指導体制で、受講者をサポート。

たのまな
費 用 70,370円(税別)
学習期間 6ヶ月

2つの資格が添削問題と在宅試験で取得可能。講座内での添削回数10回と、比較的少ない回数で資格を取得できる。

 
【このサイトについて】
心理カウンセラーの資格の種類や通信講座の情報を、個人的に調べてまとめたサイトです。
資格の詳細や通信講座の内容・受講費用などの最新情報は、公式ホームページ等でご確認下さい。